修正依頼



木曽

きそぐん【長野県】


[木曽]
『木曽郡』古くは、現在の木曽川上流から奈良井川上流にかけての呼称、「岐蘇」・「吉蘇」とも表記。美濃国恵那郡の一部→信濃国筑摩郡に編入→分割により西筑摩郡→改称して木曽郡。島崎藤村により「木曾路はすべて山の中・・・岨(そば)づたいに行く崖の道であり」と記された地で、岨(そば)とは古くは「そわ」といい、山の切り立つ険しい所。「キソ」は険阻な土地の意とする説がある。また「キ」は「木の国」、「ソ」は豪族を指すとする説もあるという(不詳)。鳥井峠が控え、妻籠宿、馬籠宿はあまりにも有名。木曽山中で育った源(木曽)義仲。『木曽町』2005年、木曽福島町、日義村、開田村、三岳村が合併して誕生した町名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する