修正依頼



王滝

おうたきむら【長野県】


[王滝]
山岳信仰の山・御嶽山の麓に位置する村。室町時代中期、信濃国筑摩郡王滝村。河川に滝が多い地で、「王」は「大」の転で、大滝は多数ののぼりが立つ信仰の名瀑「新滝」・「清滝」を指すとする説がある。また古くは、御嶽山を「おのたけ」、「王の御嶽(おうのみたけ)」と尊称したことから、村名も御嶽山に由来するとする説もある。御岳山は御嶽神社奥社がまつられたことに由来し、霊山につける「御」+「タケ(非常に高い)」とする説がある。なお、後白河法皇にまつわる伝説があり、「皇」の字から「王」の文字をとったともいう。伊勢神宮の建築材



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する