修正依頼



結城

ゆうきし【茨城県】


[結城]
「和名抄」は「由不支」と訓じている。鎌倉時代以降、結城氏の城下町として発展。麻(ふさ)や木綿(ゆふ)の原料となる「ユウノキ(楮木、穀木)」の生える土地として、奈良時代頃から総の国のゆうきと呼ばれていた。結城紬が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する