修正依頼



三浦

みうらし【神奈川県】


[三浦]
日本書紀に「御浦」とある。「和名抄」は相模国「美宇良(みうら)」と訓じている。「ミ(美称)・ウラ(入り江・湾)」の意とする説、 古東海道の要港で日本武尊(御=神・天皇・高貴な人)がここから乗船したことに由来する説などがある。また、東京湾の内浦、相模湾の西浦、浦賀水道の下浦で、三方が海(浦)であるところから「三浦」とする説がある。なお中世、相模の主として当地に君臨した三浦一族の家紋は「三つ引き」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する