修正依頼



松戸

まつどし【千葉県】


[松戸]
古くから武蔵国、常陸国へ通じる交通の要衝、江戸時代は水戸街道の宿場町で矢切の渡しで知られる江戸川舟運の要衝。平安時代の「更級日記」に登場する菅原孝標女が一泊した「松里の渡りの津」が松戸を示し、松の多い里の意とする説、古くは馬の飼育が盛んな里・「馬津郷(うまつのさと)」→「まつさと」→「まつと」となった説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する