修正依頼



福生

ふっさし【東京都】


[福生]
中世、福生(ふっさ・ふっちゃ)郷。奥多摩の玄関口、交通の要衝。「ふっさ」は、北方から来る敵を「ふたぐ(蓋)(塞)」要衝の地とする説、当地の地形に由来し「阜(ふ。丘、土山)・沙(さ。砂原、川岸)」からとする説、遺跡地周辺に湧水があったところからアイヌ語の「ブッセ」(泉の湧くところ)や「フッチャ」(湖のほとり)から転じた説などがある。また、古くは「房」村ともみえることから、麻の古語・「総(ふさ)・房(ふさ)」の生える地の意で、「総生(ふさふ)」から転訛したとする説もある。なお「福生」は、繁栄と幸福を願って「福」・「生」を当てた仏教地名で、市内に古くから福生山清岩院がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する