修正依頼



藤沢

ふじさわし【神奈川県】


[藤沢]
鎌倉時代、時宗総本山・遊行寺(清浄光寺)の門前町、江戸時代、東海道の藤沢宿。かつて境川流域に淵や沢が多かったことから「淵沢(ふちさわ)」が転訛した説、藤(山藤)の自生する沢をもつ土地とする説、源頼朝の家臣・藤沢次郎清親の屋敷が片瀬にあったことからとする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する