修正依頼



日野

ひのし【東京都】


[日野]
江戸時代、甲州街道の日野宿。浅川右岸に多摩丘陵、西側には日野台地が広がる。日照の良い原野にできた集落の意か。また奈良時代に日野台地の上に烽火(のろし)台・「飛火野(とびひの)」を設けたという伝説から「火野」が転じた説、武蔵七党のうち西党の祖日奉(ひまつり)宗頼が、遠祖天御中主神を勧請して、日野宮権現を祀ったという伝説に因む説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する