修正依頼



常陸太田

ひたちおおたし【茨城県】


[常陸太田]
1954年に誕生した市名。既に群馬県太田市が市制施行していたことから、旧国名「常陸」+旧久慈郡「太田」町→「常陸太田」と命名。「太田」は、広大な土地の豊かな田所であることを願った地名か。「ヒタチ(常陸)」は古くは「常道」。道が真っ直ぐに続いている土地・「直道(ひたみち)」の意とする説、「ヒタ(平らな)・チ(土地)」の意とする説、「ヒ(乾燥)・タチ(台地)」の意とする説、「日高見国(蝦夷)へ通う道・地」の意とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する