修正依頼



比企

ひきぐん【埼玉県】


[比企]
平安時代中期、「和名抄」は「比企」と訓じている。平安時代の末期、比企氏が領した地。「ひき」は古語で「低地、低湿地」の意とする説がある。また、古代氏族・「日置(ヘキ、ヒキ)部」からとする説があり、大和朝廷の支配が当地にも及んでいたか。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する