修正依頼



西多摩

にしたまぐん【東京都】


[西多摩]
東京都多摩地方の西部の意。「多摩」は、古くは「魂」・「丹波」・「多麻」・「多磨」とも書かれ、「和名抄」は「太婆(たば)」と訓じている。玉川の源流は山梨県北都留郡丹波(たば)山村にあり、源流名の丹波川に因んだ説がある。この「たば」は、「峠」の意とする説がある。また丹波川(たばがわ)は甲斐の国から離れていく川「タバ(手離)川」の意とする説もある。他の説には「タマ」は「聖なる御霊(みたま)」を意味し、神のいる嶺の頂上から流れる川を表したとする説や「タマ(魂)」の意で大国魂命(おおくにたまのみこと)が治めたことからとする説もある。さらに麻布(あさぬの)が大量に穫れる地・「多麻」とする説、湿地帯を意味する「タマ(溜)」とする説、川が曲流する様を表す「タマ(撓(たゆ))」とする説などもある。なお、玉川は「玉石を敷き詰めた瀬」の意で多摩川の美称。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する