修正依頼



那珂川

なかがわまち【栃木県】


[那珂川]
2005年、那須郡小川町と馬頭町の合併に伴い、住民を対象に公募を実施後、協議会での投票で「那珂川」と「那須那珂」に絞られ、議会代表と民間委員が各町2名ずつの8者協議で新町名「那珂川町」に決定。他の候補には「若鮎」・「小馬」などがあった。「那珂川」は町内を貫いて流れる那珂川に由来する。「ナカ(那珂)」は古くは「那賀(ナカ)」とみえる。中心や河川の間の地・「中」の意か、「長」か。旧「馬頭」町は国内最古の産金地であり、中世は徳川御三家の水戸藩の支配地となり、水戸光圀が馬頭院の寺名からとって命名した地名。旧「小川」町は「小」は「美称」で、肥沃で平坦な地形に流れる箒川を美しい川に見立てたか。東日本最古の駒形大塚古墳が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する