修正依頼



東金

とうがねし【千葉県】


[東金]
戦国時代後期には「東金」と見える。中世に酒井氏が上総国山辺郡辺田方村鴇ヶ峰(ときがみね)に築城、「東金城」と命名、別称で「鴇峰城(ときがねじょう)。一説には千葉一族が築城し、酒井氏が改称したとも。「東金」は、鴇が舞い飛ぶ丘陵地「鴇ヶ峰(ときがみね)」の転とする説がある。また、「とう」は「尾根、峠」、「がね」も山の頂や尾根のあつまるところ「峰」に通じ、両総台地を示したか(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する