修正依頼



鶴見

つるみく【神奈川県】


[鶴見]
中世、「鶴見郷」または「大山郷」。江戸時代、神奈川宿と川崎宿の間の立場(たてば)(休息所)。区名は、鶴見緑地に因んで命名。「鶴見」は、小平地の川(鶴見川)の淀んだ所・「ツル」、「ミ(水)」か。「ツル」は農業用水路とする説、治水と関わる八剣伝説から「ツルギ」の転とする説もある。また、鶴見川の畔の低湿地がツルの群生地であったとする説、『鎌倉時代、源頼朝が富士の裾野で巻狩(四方から狩場を囲んで獣を捕らえる狩り)をしたときに、千羽の鶴に金の短冊をつけて放したところ、この地に飛来して住み着いた。その鶴を見物にくる人が多く、「鶴見」という呼び名がついた』という伝承もあるという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する