修正依頼



つくばみらい

つくばみらいし【茨城県】


[つくばみらい]
2006年、筑波郡伊奈町・谷和原村が合併して誕生した新市名。公募を経て合併協議会にて決定。「つくば」は、古くは「都久波」、「菟玖波」とみえる。由来は、崇神天皇時代に朝廷から派遣されてきたツクハコの命(みこと)が、「自分の名をこの国につけて後世に伝えよ」と言ったことに由来する説、アイヌ語の「ツク・パ」(とがった頭・山)とする説、平野に独立してそびえる山・「独坡(つきば)」の意とする説、筑波山麓の急傾斜地を指し「ツク(崖)・バ(端)」の意とする説など、他にも諸説ある。「みらい」は、市の中心駅・「みらい平」に因んだとされる佳字地名。また、直前まで進行していた水(ミ)海道市・谷和原(ラ)村・伊(イ)奈町の合併の際に考えられた合成地名とも。なお旧「伊奈」町は、湧き水(イ)のある国(ナ=名)の意か。旧「谷和原(ヤワラ)」村はゆるやかに開けた土地の意か。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する