修正依頼



つくば

つくばし【茨城県】


[つくば]
「万葉集」には、筑波を舞台にした歌が多く、古代より広く使われてきた「つくば」。古くは「都久波」、「菟玖波」とみえる。「つくば」は、崇神天皇時代に朝廷から派遣されてきたツクハコの命(みこと)が、「自分の名をこの国につけて後世に伝えよ」と言ったことに由来する説、アイヌ語の「ツク・パ」(とがった頭・山)とする説、平野に独立してそびえる山・「独坡(つきば)」の意とする説、筑波山麓の急傾斜地を指し「ツク(崖)・バ(端)」の意とする説など、他にも諸説ある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する