修正依頼



千住

せんじゅ【東京都】


[千住]
古くは「千寿」、「千手」とも書く。江戸時代、日光街道の初駅、千住宿。嘉暦2年(1327)に新井図書政次が勝専寺の荒川から引き揚げられたという千手観音像に因む説、千葉氏が住む村とする説、足利将軍の愛妾「千寿の前」の出生地とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する