修正依頼



児玉

こだまぐん【埼玉県】


[児玉]
平安時代末期から鎌倉時代にかけ、武蔵七党の最強児玉党が勢力をふるった地。児玉党の名前は当地名に由来。「こだま」は、古くから養蚕が盛んな土地であることから、「蚕(こ)玉」(繭玉)の意とする説、銀銅を産出したことから、砕銀の意・「小玉」とする説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する