修正依頼



鎌ケ谷

かまがやし【千葉県】


[鎌ケ谷]
江戸時代、木下(きおろし)街道の鎌ヶ谷宿。三方が山に囲まれ、一方が開いた地形・「釜原」が転じた説、「カマ(断崖・崩壊地)・ヤ(台地入込み)」とする説、「蒲茅・蒲萱(かまかや)」の自生する地とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する