修正依頼



葛飾

かつしかく【東京都】


[葛飾]
古くは万葉集に「葛飾・葛餝」のほか「勝鹿・勝牡鹿・可都思加」などと記され、「和名抄」は下総国「かとしか」と訓じている。 「かつしか」は、葛(くず・かずら)の生えていた土地から「葛繁」や「葛敷」とする説、「かつ」は丘陵や崖を指し、「しか」は砂州の意で、利根川流域の右岸の低地と左岸の下総台地を表したとする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する