修正依頼



かすみがうら

かすみがうらし【茨城県】


[かすみがうら]
2005年、新治郡霞ヶ浦町・千代田町の合併に伴い、全国公募を実施、10候補を選定、代表者会議にて大湖「霞ヶ浦」に因み、馴染みやすい、「かすみがうら」に決定。他の候補には「霞ヶ浦」、「にいはり」などがあった。「万葉集」には「浪逆の海」(現・霞ヶ浦)とある。常陸国風土記には「香澄里」、「霞郷」、「流海」(霞ヶ浦)」とみえる。「かすみ」は、霞んでいる土地の意とする説、「カス(崖地)・ミ(辺)」の意とする説、「神住(カスミ)」の意とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する