修正依頼



大田原

おおたわらし【栃木県】


[大田原]
平安時代は那須一族の荘園。室町時代後期には大田原資清が大田原城を築城して発展。「オオタワラ」の由来は、豊かな田所の地を領した大田原氏の名に因んだとする説、那須扇状地の湧水帯に位置し、広大な水田(オダ)をもった平地の意とする説がある。俳聖松尾芭蕉「おくの細道紀行」で最長逗留した地。屋島の合戦の英雄で弓の名手「那須与一」ゆかりの地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する