修正依頼



潮来

いたこし【茨城県】


[潮来]
古くは「板来(いたく)村」。古来、水陸交通の要地、「板来の駅」とある。「いたく」は、段丘、崖の呼称・「イタ(刻む)・ク(処)」とする説、「イサ(石、砂)・ク(処)」の転とする説、「イ(接頭語)・タコ(高地)」の意とする説などがあるという。 また、水戸藩主水戸光圀が、利根川から潮(イタ)の入って来るの意・「潮来」に改称したとも伝わる。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する