修正依頼



あさひし【千葉県】


[旭]
1852年に京都の歌人・野々口隆正が当地を訪れ、「旭将軍」と呼ばれた木曽義仲の末裔で当地を治めていた戦国武将木曽義昌を偲び、「信濃より いづる旭をしたひ来て 東のくにに 跡とどめけむ」と詠んだことに由来するという。朝日が昇る地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する