修正依頼



あきる野

あきるの【東京都】


[あきる野]
「あきる」は中世、秋留郷に属したことから、「野」は秋留台地を指す。また、多摩川を境に東の平野・「武蔵野」に対し、西の平野を「あきる野」とする意をもつ。古くは「阿伎留(あきる)川」、古社も「阿伎留神社」とある。「あきる」は、川(現・秋川)の洪水により水田の畔(あぜ)が切られたことから、「畔切(あきる)」川の意とする説がある。またアイヌ語の「アク」(弟)、朝鮮語の「アキ」(子供)の転で、多摩川の弟川を意味したとする説もあるという(不詳)。なお、旧・五日市町の由来は、荘園時代に五の付く日に市が立ったことから。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する