修正依頼



愛甲

あいこうぐん【神奈川県】


[愛甲]
「和名抄」は相模国「阿由加波(あゆかは)」郡と訓じている。平安時代末期から鎌倉時代初期にかけ、弓の名手・愛甲三郎季隆が領した愛甲庄(現・厚木市愛甲)。相模川の古名「鮎川(あゆかわ)」の転訛とする説があり、「鮎川」は鮎がいる川とする説、同郡の愛川町と同様に中津川と相模川の合流地点であることから「相川(あいかわ)」の意とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する