修正依頼



大鰐

おおわにまち【青森県】


[大鰐]
古代、大きな阿弥陀如来像があることから大阿弥陀→大阿弥・大阿尓(おおあみ)→大阿子(おおあね)→阿闍羅山に大安国寺を建て、大安国寺(おおあに)→大姉(アネ=アイヌ語で森林がある谷間)と変化し、津軽統一以降に津軽為信が改名したと伝わるという。鰐が棲んでいた伝説から「大鰐」(大きな山椒魚)となった説、古墳や竪穴式住居の名残から「ハニ(埴・粘土)」が転じ「ワニ」となり「鰐」と当て字したとする説もある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する