修正依頼



岩瀬

いわせぐん【福島県】


[岩瀬]
初見は養老2年、「続日本紀」に「石背国」とみえる。その後「磐瀬」ともみえ、和名抄では「伊波世(いはせ)」と訓じている。中世以降は「石瀬」と表記。「イハセ」の由来は、「石城国のうしろ(背)の国」の意で岩代(いわしろ)国と同義か。なお、「岩瀬」は滑川上流の中心地梅田の岩瀬の借用とする説がある(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する