修正依頼



会津坂下

あいづばんげまち【福島県】


[会津坂下]
「バンゲ」は、古くは「番下(バンゲ)」で、アイヌ語の「パンケ」(川下)が転じた説、高寺山の坂の下に栄えた村・「坂下」の意とする説などがある。「会津」は、初見は「続日本紀」で「相津」、河川が合流したところの意か。一説には崇神天皇の時代に、四道将軍の大彦命とその子建沼河別命(たけぬなかわわけのみこと)がこの地で合流したことに由来するという。大俵引き行事が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する