修正依頼



洛陽の紙価貴し

らくようのしかたかし


[洛陽の紙価貴し]
中国の古都“洛陽”で、当時評判となった書物を人々が競って筆写しようとしたために、用紙の価格が高騰するほどだった、という話から出た言葉。著作物が良く売れ、読まれる様子。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する