修正依頼



敢えて主とならずして客となる

あえてしゅとならずしてきゃくとなる


[敢えて主とならずして客となる]
常に、人の先に立たずに控えめでいる、という意味。人と争ってまで無理にトップに立とうとするよりも、相手を立てて一歩引いておいた方が結局は自分のためになる、というたとえ。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する