修正依頼



実るほど頭の下がる稲穂かな

みのるほどあたまのさがるいなほかな


[実るほど頭の下がる稲穂かな]
稲穂が、実が入るほどその重さで穂先が垂れるように、学問や人格が備わり、中身が充実してりっぱになればなるほど謙虚になる人のたとえ。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する