修正依頼



満つれば欠ける世の習い

みつればかけるよのならい


[満つれば欠ける世の習い]
満月になるとともに欠け始めた月がほどなく三日月となるように、物事は、絶頂期に達すると同時に下り坂になるのが世の道理である、という意味。
⇒ 「月満つれば則ち虧く」



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する